360°まなび研究所 第5回ラボin長岡を月曜日に開催しました!
10月のラボにも参加した男の子が遊びに来て、彼が探求中の「タッチタイピング」を皆で一緒にやりました。好きで自主練習しているとのこと、かなり速いです。指使いも正確。

第5回プログラミングラボ

彼が愛用するオンラインのタイピングゲームを教えてくれました。
『皿打-SaraDa-』と『寿司打-SushiDA-』という名前のゲームで、お皿の上の目玉焼きを奪おうとする小人をタイピングで消したり、3000円で食べ放題という設定の回転寿司でそれ以上食べられるか損するかを競うものです。ゲーム性があり、遊んでいるうちにタイピングがうまくなりそうです。

彼は自宅でも文章の打ち込みをしたり、このゲームを使ったりして練習しているようです。タイピングのコンクールへの参加を勧めてみました。好きなことで結果を出したり、同じ興味を持つ仲間を見つけ、彼の世界が広がっていったらいいなぁ。

360°まなび研究所は現在、子どもたちと相談しながら、仕組み作りの真っ最中です。私たち大人にとっても大きな学びのある活動になっています(^^)