360°まなび研究所 第2回ラボin長岡を開催しました!
前回に引き続き、Scratch Jr.という超初級プログラミング言語を使って、ごくわずかなコマンドの組み合せだけで何が作れるか?を追求する企画です。

第2回プログラミングラボ

『うごく!にげる!的あてゲーム』というゲームを考案して、ラボに持って行きました。
的&発射するモノの組み合せは自由で、各自想像して絵を描き、動かします。私が作った「肉キャッチゲーム」は、タイミングを合わせて発射させると肉が食べられたり、食べられなかったりするゲームです。魚を泳がせて猫がキャッチしてもいいし、動かし方も自由にプログラミングできます。

第2回プログラミングラボ

1回目のラボでは「自由に」というところで立ち止まっていた子も、2回目の今回はすいすい作業が進みます。これはうれしい変化。一人ひとり個性のあるゲームを作っていました。

第2回プログラミングラボ

まずは10月中に2回やってみよう、と決めて勢いで準備を進めましたが、結果大成功!
子どもたち、なんだかいい感じです。運営メンバーも3人体制になりました。
新しい企画の種も生まれています。課題も見えてきましたが、一つずつ取り組みます。

次回11月の開催に向けて、考えるべきことがたくさん。
運営メンバーは全員、仕事・育児・家事をかけもちする親です。時間がないからー、と言っている間に子どもたちはどんどん大きくなってしまうので、今しかできないことを協力し合ってやっていきたいです。