360°まなび研究所「第一回プログラミングラボ in 長岡」を開催しました!
最初の1回をどうやって始めようかな?と考えて選んだのは「デジタルゲーム作り」。

子どもたちが大好きすぎるゲーム、そんなに好きなら作っちゃおう!という企画をやってみました。360°まなび研究所の理念は「子どもたちが興味を持ったものごとを主体的に探求できる場作り」なので、「プログラミングをしよう」ではなく、「好きなら作っちゃおう」というアプローチです。

近隣の3つの小学校から合計9人の子どもたちが集まってくれました。持参してもらったiPadやandroidタブレットを使って、超初心者向けビジュアルプログラミング言語「ScratchJr(スクラッチジュニア)」あみだくじゲームを作りました。作り方のベースだけ説明し、あとは自由に考えて作ればいいよ、と伝えました。

第1回プログラミングラボ

自由に好きなことをやっていいし、興味がなければやらなくてもいいという環境に、子どもたちの半数は戸惑った様子でした。疑うような表情で、大人(メンバーの私たち)を探るようなやりとりがいくつかあり… 「ここでは何をやっても怒られないんだ」ということを理解したのでしょう。それから新しいアイディアが出はじめました。

第1回プログラミングラボ

ラボの終わりには、音に興味がある子は効果音の作り込みをしたり、動きに興味がある子は複雑な動きをプログラムしたり、色や模様に興味がある子は見た目に工夫を凝らしたりと、一人ひとりの興味に沿った作り込みをしていたように見えました。
あと、新しい技を覚えた子が他の子に聞かれて教えてあげていて、すごくいいなと思いました。

プログラマーの星野さんが運営の手伝いに来てくれてとても助かりました‼️
今日の成果は小さな一歩ですが、次につなげていきたいです。第2回は10/17開催予定です。

第1回プログラミングラボ